高精度な文字認識で、より正確に帳票をデータ化

帳票OCRの特長

HOME > 帳票OCRの特長

FEATURES

EASYWORKER/帳票OCR|帳票OCRの特長

「EASYWORKER/帳票OCR」の特長についてまとめています。

アナログデータのデジタル化による業務効率化

業務の効率化や生産性の向上のためのツールとして帳票OCRは効果的です。

紙に書かれた文字をデジタルデータとして活用するには、一度、人間が読み取って文字に変換する必要があり、大変効率が悪く時間がかかります。

しかし、AIの発達によってOCRでの文字認識精度が飛躍的に向上したことや、クラウドサービスが普及・定着したことによりOCRを活用したアナログデータのデジタル化の業務効率化が注目されています。

業務効率化による働き方改革の実現

帳票OCRの導入による業務効率化による働き方改革が実現できます。

企業、学校、官公庁など様々な業種、業態で紙を使った作業はまだまだ多く存在します。人間の手で処理をおこなうということは、人手がかかり、一定の割合でミスも発生します。このような人手の業務をコンピュータによるOCR処理に任せ、人は創造性を高める業務にあたることは働き方改革にもつながります。

EASYWOKER/帳票OCRは、帳票のデジタル化で、お客様の業務効率化と生産性向上に貢献します。

他にも以下のような特長があります。

帳票OCRの特長詳細

高い認識率

OCRによるデータ化の後、オペレータ(ヒト)によるチェックと訂正を行います。認識できたデータに関しては検査済となりますので工数削減につながります。

セキュアなビジネス基盤

ビジネス基盤としてサイボウズ社のkintoneを採用することで、セキュアな環境を実現しています。

※kintone、サイボウズはサイボウズ株式会社の登録商標です。

SIサービスも提供可能

デジタル化したデータの業務システムへの適用や再利用についても別途SIサービスやRPAサービスでご提供できます。

電子帳簿保存法に対応

登録された帳票は全て保存されます。電子帳簿法対応に加え紙保存のコストやバックオフィスの業務を大幅に削減することができます。

ファイル名の変更が可能

ファイル名に読み取った取引先名、日付、金額等を入れることができます。また、固定の文字列を追加することもできます。ファイル名に規則性を持たせることで、分類、検索が簡単になります。

出力CSVの柔軟なカスタマイズ

読み取らない項目の追加、項目の順序(列)の変更、数値、日付のフォーマットの変更ができます。インポート先の会計ソフト等のフォーマットに合わせたCSVの設計ができます。